時代の流れを掴んだ景品にしたいなら

常に時代をリサーチしよう

同じイベントで同じ景品を受け取るということが毎年続くと、参加者は飽きてしまいがちです。
同じものを受け取ることは、楽なように見えて退屈な感情の方が優先してしまうものです。
景品に飽きた人は、次にイベントに飽きてしまう可能性もあります。
こうしたときには、まず時代をリサーチしましょう。
イベントは世の中で数多に開催されており、自分達が開催するイベントと同様の主旨のものも多く存在しているものです。
こうしたイベントではどんな景品が配られているのかを確認してみるのも1つです。
例えば動画サイトなら、配布した際の様子も撮影されていることがあります。
受け取った側はどんな様子なのか、喜んでいる場合とそうではない場合の違いについても動画サイトから学ぶことができるのです。

サイトは複数見ることでさらに参考にしよう

景品選びのサイトは様々なものが存在しています。
景品製作の企業が立ち上げたサイトもあれば、比較サイトもあるなど、その種類も多彩です。
幹事となり景品選びをしなければならないなら、このサイトを確認しない手はありません。
サイトを確認する場合にオススメなのが1つのサイトだけでなく、複数のサイトを確認するという方法です。
例えば1つだけのサイトで済ませてしまうと、把握する内容が偏りがちです。
偏った認識で景品を選んでしまうと喜ばれる景品を選ぶというよりも、とりあえず選んだという心模様も見透かされてしまいます。
腕の立つ幹事はリサーチ力が優れているものです。
1つのサイトでは十分なリサーチが出来るとはいえません。
もちろん閲覧するサイトも景品に関するものだけでなく、参加者に関する様々なものを閲覧することがオススメです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ